PROJECT T-A-K ブログバージョン 「T-A-K かく語りき」 

おそらく何か語るものだと思われます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-17 [ Mon ]
まずはとにかく
産経新聞「防災ネット(http://www.bo-sai.net)」(2005年12月末までの期間限定サイト)を見てくれ!!
(携帯電話からではご覧になれないと思います)

このサイトの左側に移動して(矢印が出てきます)

「チカチカ探検隊~防災の達人~」
をとにかく見てくれ!!














なんだこのおっちゃんは……

すばらしすぎる

実にすばらしすぎる

あまりにも突っ込みどころが多いし

さらに「めざましテレビ」でおなじみ
高樹千佳子さん(チカちゃん)あまりにもまじめに聞いている姿が面白い。

はっきり言って笑い死ぬところでした

いやー、佐野さん見事!!

災害などにおける自分(自分の家族)の身を守る術について説明している光景で

他人を笑い死ぬところまでもっていくところは見事!

さぁ皆さん!!先ほどの防災リポートを別ウインドウで開いて改めて見ながら
ブログをご覧ください

「防災の達人」佐野将さん
のご自宅にチカちゃんが取材に行くところから始まります

いきなり現れた鹿の剥製の鼻にヘルメット

鹿の頭の上にリュックサック

なるほど、防災用具を持って玄関からすぐ出れるように設置してあるのですね


でも思ったのは
佐野さんの身長と鹿の剥製の配置から

「日常の生活に必要なもの」なら

もうちょっと低い位置に防災用具を

置いておいたほうがいいんじゃないかなー

て思ったのは俺だけか?

慌てた時に鹿の頭の上のリュックサック
取るの大変じゃねーか?

下手したら、リュックの背負う部分が
鹿の角とかに引っかかって
リュックサックとともに
鹿ごと落っこちてきて

頭に当たって怪我とか起こりそうな気がするなぁ。


さて、玄関から部屋に入っていきまして

佐野さんが紹介する
シェルター

シェルターって・・・・・(汗)

いやね、分かるんですよ、気持ち的には…

一時的な避難や、閉じ込められた時にはやはり
場所の確保は必要だと思います

ただねぇ・・・


あの設備をちらりとみたら
俺ならシェルターを使わず外に逃げるね

また、佐野さんがなにやらホースを吸って、吐いてます

(チカちゃん)「こ…これはなにをしてるんですか?」

(防災の達人)「呼吸です」



しれっと答える佐野さんが素敵だ 

そして俺は見逃さなかった!

佐野さんがホースから空気を吸って吐き出した時に

「呼吸」をした時に

すぐ脇にいた

顔を背けたことを!!

佐野さん・・・・・

ポリ○ントし忘れたのか!?


さてさて、佐野さんとチカちゃんは二階に上がります

災害の際に慌てて階段を上り下りした際に
滑らないように階段に滑り止めをしているのは見事

やはり防災の達人
このような細やかな配慮はさすが防災の達人です

さぁ、二回を昇りきったところにある

《help》
の横断幕

佐野さん曰く

「逃げ道を失ったときに」

とのことだ。周りの近隣住民や消防隊などに知らせるのだろう。

素晴らしい。


…素晴らしいのだが


ニヤニヤしながらこの場面を見ている俺がいる

いやね、想像しちゃったんですよ。災害が起きたと仮定して

逃げ場が無くなり佐野さんが
《help》の横断幕をおろす


救助活動を行う消防隊が


「隊長!あそこの家に《help》ってなってます!」

「ほんとだ!《help》ってなってる!」

「隊長!助けに行きましょう!《help》ってなってますから!」

「そうだな!行くぞ!《help》ってなってるからな!」



…ちょっと笑うでしょ?

いやー想像しちゃったんだよね。



まだまだあります、防災の達人の道具



何だ、あの長いヘルメットは・・・・・

なんで上の部分がパカッて開くんだ?

佐野さんの会話によると


あの長いヘルメットはすでにちょっと重いと思われる


さらに何をキャッチしようとするんだ?






……ははーん、わかった……



さっきいた猫だな



屋根の上にいる猫を災害の際にキャッチするんだろ!多分!!


皆さん想像してごらんなさい!!


長いヘルメットがパカッと開いて

そこにヒューっと猫が落ちてきて

佐野さん見事に猫をキャッチ

長いヘルメットがパカッとしまる


佐野さん、猫一緒に避難




やはり猫も家族の一員。一緒に逃げなくては。



素晴らしすぎる……(しみじみ)


まだまだ佐野さんは俺たちをつかんで話さない


いやいや、佐野さん許してくれません


みたか!?乾パンつきのチョッキを!


鎖かたびらと見まごうばかりの一品

でも防御力はないんですよ。

だって乾パン  だもん。

相手に胸を殴られたら

相手のパンチで乾パンが砕けて

相手に乾パンの破片が刺さって

相手の拳が痛いという返し技ができますけどね


まぁそれはいいとして

乾パンって保存期間は長いけど
あれって未開封の場合じゃねーのかな…

あんなふうにチョッキにつけてたら
乾パンしけっちゃうんじゃねーか?

まぁおそらく備えあれば憂いなしの佐野さん

定期的に乾パン付け替えてるんだろう


いやー佐野さん!!



僕はもうお腹いっぱいです!!

まだまだあるんです!!

みたか!あの脱出シューター(垂直落下式)を!


ダクトの布で摩擦力が生じ

それなりにブレーキはかかりますが 
一瞬で一階に逃げられるぞ!!


でも大丈夫!!
佐野さん曰く


頭を下にしたら危ないけど

足から降りれば別に危険じゃないんです!



まだまだ改良の余地があるようですが……



(最後に出てきた手動式ラジオは最近防災用具で流行してるらしいですな。停電の際にはあれは便利な一品。注目されているようです。)



イヤー見事、佐野さん。
防災についての心構えを
理論で教えるのではなく、我々の心に直接響かせてくれた
佐野さんに感謝です!!


佐野さんを取材した産経新聞も見事だよ!


いやー素晴らしい!とても素晴らしいものを見ました!!


(でも日々防災について考えていらっしゃる佐野さんの取り組みは本当に素晴らしいと思うよ。災害は明日はわが身だからね)
スポンサーサイト

コメント

夜光ペンで何が出来るか?ブログ

はじめまして
夜中、突然の停電で懐中電灯やロウソクを探されたことはありませんか?
蛍光灯などの光を蓄めて長時間光る夜光ペンを開発しました。
自分でもヘルメットや懐中電灯、緊急持ち出しリュック、靴、眼鏡にマークしています。
寝相が悪くても目が覚めれば見えますので、安心して眠れるようになりました。
よろしかったら一度ご覧ください。

んが~

いいのだろう!きっといいのだろう!こんなおっさんを産経が取材し紙面に載せてもありなんだろう…ううっ

kkaris へ コメントありがとう!

kkarisへ(プログでの私のキャラクター上、HNを呼び捨てにさせていただいております。大変恐縮いたしますがご了承ください)

コメントどうもありがとう!ブログ見ましたよ!! なるほど、夜行ペンでなにができるのかを拝見させていただきました。夜の災害時の停電の際に避難用の食料袋や(ブログに記載されていた)ヘルメットに夜行ペンで書いておけば、どこにあるか分かるもんなぁ。とても重宝しそうな一品だ。

あれですよね、彼女を部屋に呼んで、明るい部屋では分からないけど、部屋を消したら「大好きです!」とかポスターとかに浮かび上がったら、彼女はうれしいだろうな…などと別な用途もあるな、などとも考えてしまいました。。。  またこのブログにお越しください!

ぷりへ

ぷりへ(プログでの私のキャラクター上、HNを呼び捨てにさせていただいております。大変恐縮いたしますがご了承ください)

コメントどうもありがとう!ここに出てくる佐野さんだが、彼は大真面目なのだ!真摯に、真剣に防災について考えた結果があれなのだ!おそらく、爆笑をしてしまっている俺たちの感覚のほうがおかしいのかもしれないなー、っても思うな。

あのCMを見て、家に家具を倒れないようにする装置を買ったりする人が現れたら、産経新聞も、佐野さんもうれしいことであろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://projecttak.blog24.fc2.com/tb.php/4-4e9ff287

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

PROFILE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。